専業主婦ローンで即日融資を受ける方法と返済額

毎月の返済額はいくら?

銀行カードローンで借入をしたら考えなければいけないのが、返済についてです。
返済するには、全国の携帯ATMから振込するか、引落口座を利用できます。
引き落としの場合は返済日までに指定の口座へ入金しておかなければなりません。

 

きちんとシュミレーションして返済計画を立てたいものですが、返済額はどう決まるのでしょうか?
毎月、支払う返済額には元金の他にも利息が含まれています。
金利が低いカードローンを選ぶなら、返済額を減らす事ができます。

 

借り入れの申し込み前に上限金利を確認して下さい。
金利が4.6%〜14.6%になっていたら上限金利は14.6%です。
この上限金利が低いカードローンを選んで契約するようにします。

 

臨時返済をする方法もあります。
余裕がある月に随時、繰り上げ返済をしていくなら、元金に返済額が充てられるので、利息が減っていきます。

 

ただし、前月に臨時返済をしすぎて手元にお金が残らず今月は振込みできない、という状況にならないよう注意しましょう。延滞損害金を取られてしまうからです。
臨時返済は、通常の口座引落し以外に提携金融機関のATM、インターネットバンキングやモバイルバンキングの画面上にて振込手続きをすることができます。

 

カードローンの返済にはリボルビング払いがあり、その一つに残高スライドリボルビング方式があります。
借入残高によって決まった額を月々返済する方式で、一定金額だけを払えばいいので、とても便利に思えるかもしれません。

 

しかし返済額が少ない、という事は返済が長期間に及ぶので、それだけ利息を多く払うことになります。
返済額は必ずしも低い方が良いわけではないのです。

 

カードローンの返済はできるだけ負担を少なく、なおかつ早めに完済できることが理想的です。
そのためには借りすぎに十分注意し、返済に追われることのないよう気をつけなければなりません。
銀行カードローンでは原則としてリボ払いが一般的ですが、月々の返済額を都合に合わせて選択することができるようになっています。

 

日々の生活を圧迫しないよう、最小限の負担でコツコツと返済を続けることが可能です。
また余裕があるときには少しでも繰上返済すれば、利用残高を確実に減らすことができます。
返済の流れとしては、毎月の指定日に普通預金口座から引き落とされるか、返済利用可能ATMから入金することもできます。
PCやスマートフォンなどインターネットを利用してWEB上で現在の利用状況や残高を照会したり、返済額の変更や繰上返済の希望が受付可能なサービスもあります。


このページの先頭へ戻る