低金利の専業主婦ローンで即日融資を受ける方法

金利を重視する

カードローン選びの大きなポイントの一つが金利です。
金利が低いほど利息負担が少なく、短い期間で完済できる可能性が高くなります。

 

では専業主婦でも借入れが可能な銀行カードローンはどうなのでしょうか?
専業主婦の人だと多くの場合、限度額は5〜30万円未満ほどが一般的なので、最高金利が適用されるケースがほとんどです。

 

でも銀行ではプロミスやアコムなどの消費者金融と比較して、全体的に低金利の設定となっているので安心して利用できます。
また利用実績ができれば後日増枠してもらえるという希望も残っています。
銀行カードローンは担保や保証人不要で、最短で即日融資にも対応しており、専業主婦の間でも人気が高まっています。

 

専業主婦のカードローンで低金利を選ぶとよいあるけど、具体的に低金利はどこを見たらわかる?低金利だと何がいいの?
専業主婦の借入で低金利のカードローンがいい理由を教えます!

 

低金利のカードローンとは

カードローンには消費者金融が発行しているものと、銀行や銀行系の金融機関が発行しているカードローンがあります。
消費者金融は年収がある人なら審査が通りやすい反面、専業主婦のように年収がないひとは契約しにくくなっています。
専業主婦でも借り入れしやすいカードローンとして銀行系のカードローンがありますが、じつは金利面でも消費者金融のカードローンより安いことが多いのです。
つまり低金利なカードローンを選びたいなら、専業主婦が融資を受けやすい銀行系を選ぶといいでしょう。

どこを見れば低金利かわかる?

まずは検討しているカードローンのホームページや資料で、年○○.○%〜○○.○%というのを確認してみましょう。あなたの利用したい借入限度額によって、その金利の枠の中で実質年率が決まってきます。
専業主婦の場合は年収がありませんので、掲載されている最大の金利が適用される場合が多いでしょう。

金利が低いと何がいいの?

たとえば100万円を借りた場合、1年間の実質年率が0.5%違えば、返済額は年間5,000円も違ってきます。少しのお金も無駄にしたくない専業主婦なら、なおのこと少しでも金利は低いカードローンを選びたいですよね。
また申込みもインターネットで簡単に申し込め、書面の提出もネットで簡単、キャッシングは口座に振り込みやコンビニで返済できるなど便利な会社が多いのです。

金利引き下げの条件

カードローンによっては、所定の条件を満たせば金利を引き下げてくれるサービスを行っている場合もあります。

  • 住宅ローンを契約している
  • 返済実績に応じて翌年度の利率を引き下げ
  • 携帯電話契約によって金利引き下げ
  • 期間限定で金利0%キャンペーン
  • お借入れ額全額30日間無利息サービス

など。
各社の掲載情報を確認して有利な自分にカードローンを選んでみましょう。


このページの先頭へ戻る